知っていますか?任意売却のデメリット

専門の業者を判断しにくい可能性

住宅ローンの返済が厳しくなったとき、早めにできる対応として任意売却があります。滞納が始まれば競売にかけられる可能性が出てきます。その前に行う必要があるでしょう。ではどうやって行うかですが、通常は専門の業者に依頼をします。不動産会社に依頼すればよさそうですが、任意売却は通常の売却とは手続きが異なります。法的な知識が必要になり、不動産会社の全てで行っているわけではありません。では任意売却専門を掲げている業者がいいかといえばそれも難しいところです。誰でも掲げられるので、本当に得意なのかどうかわかりません。競売よりも高く売れるからと安易に業者を選択してしまうと思わぬ結果になりかねないので、注意して業者選びをしないといけません。

必ず行えるわけではない

住宅ローンの支払いが滞ったとき、金融機関は一定の手続きを取ります。裁判所に競売を申込、物件を売却して現金化します。さらに残債の返済も必要になり、利用者にとってはかなりつらい状況になります。競売の前にできるのは任意売却でしょう。基本的には市場で相場に近い価格で売却をして現金を作り、それを元に返済をする方法です。競売に比べると売却価格も高くなるので、残債を減らせます。ローン利用者が勝手に行えるわけではなく、債権者である金融機関の同意が必要になります。物件の市場価値が高ければ債権者も同意をしてくれますが、あまり高くないと同意してもらえず、結局競売手続きに移行してしまうときがあります。手続きにかかった費用が無駄になる可能性があります。