任意売却のメリット!

競売よりも高い金額で売る事ができる

住宅ローンが支払えなくなる問題は決して珍しい事ではなく、ローンを組む時はその時の収入が続く事を想定している為に収入が減少した途端に支払いが不可能になってしまいます。住宅ローンの支払いが滞ると住宅自体が差し押さえられて競売にかけられてしまいます。競売は裁判所が入って裁判所の権限によって強制的に売却させて返済されていない債務の補填にあてられます。
競売で入札する側は債務不履行によって競売にかけられている事を知っているので、結果的に相場よりも安い金額で売却される可能性が高いです。そこで競売にかけられる前に任意売却をする事で少しでも高く売る事ができます。少しでも高く売却できれば売却後の債務を減らす事にも繋がるので、大きなメリットがあります。

任意売却は高く売れるだけではない

任意売却は競売と違って購入者と売却する人の間で交渉が行われます。競売による売却のように退去日まで強制的に決められる事はないので、交渉次第では次の住居が見つかるまでの猶予を与えてもらえるメリットもあります。競売の場合は裁判所の執行官などが訪問するので、それによって近所にも競売にかけられている事実を知られる可能性があります。しかし任意売却を進める事ができれば近所に債務の返済が不可能になった事を知られずに済みます。
ローンの返済が滞って任意売却を行う時に注意したいのは不動産の売却後にローンの残高が残る場合は債権者の了承なしに任意売却を進める事はできません。その為売却後にローンの残高が残る場合は債権者への交渉も必要です。