住宅ローンは?任意売却とは

住宅ローンが残っていても家は売れる?

不動産を購入する時、大抵の人は住宅ローンを利用しますよね。銀行などからお金を借りて、それで住宅を購入するのが普通です。この時に、お金を貸す銀行側は、不動産に抵当権を設定します。これは、万が一お金が返せなくなった時のために、土地や建物を担保にしておく事ですね。
もし、住宅ローンが返せなくなった時、住宅を売却すれば良いと思っている方はいませんか?確かに、ローン残高よりも高く売れるのであれば、問題はありません。しかし、必ずしもそう都合良くはいかないんですよね。売却価格がローン残高を下回ってしまった場合は、残額を一括で支払えないと売却するのが難しくなってしまいます。
こういった場合でも、任意売却を利用する事で、ローンが残った状態でも住宅を売る事ができるようになります。

任意売却する事のメリットは?

住宅ローンが支払えなくなると、一般的には債務者が担保物件を差し押さえて、競売に出される事になります。しかし、競売で住宅を売る場合、市場価格より定額で落札されてしまう傾向が強いんです。そうなると、多額のローンが残ってしまい、返済が大変になってしまいます。競売で住宅を売った後は、強行返済を強いられる事になり、給料を差し押さえられてしまうなんて事も。
それを避けるために、任意売却が有効になります。任意売却なら、債権者との合意を結び、ローンを残したまま住宅を売る事ができます。競売に出すよりも、高く住宅を売る事ができるため、ローンの返済がしやすくなりますよ。
また、任意売却の場合は、一般的な住居の売却方法と一緒なので、近所の方に知られる恐れも少なくなります。プライバシーを守るという意味でも、任意売却するメリットはありますね。